2016年 08月 24日

Tears In Heaven


8月19日の夜 一枚の写真とメールが届きました




ジジさん

今日はカムイについて残念なお知らせをしなくてはなりません

a0177105_16254481.jpeg

カムイは6月半ばに白血病を発病しました

その際の検査で猫エイズにも併せて感染していたことが分かりました

内臓には腫瘍が無く とても綺麗なレントゲン写真でしたので

治る見込みがあるとの医師の言葉を信じてステロイドやインターフェロンの投与や点滴を続けました

しかし残念ながら好転することはなく 徐々に痩せて体力が無くなっていきました

7月の終わりころ 病院の診察台の上で怯えて震えるカムイ

そして薬を飲むことを嫌がるカムイを見て

治療の苦しみが痛みを上回るなら緩和ではないと感じ積極治療を止めました

その後しばらくは安定した容体でしたが 最期の2日間は急激に容体が悪化し 本日の深夜に息を引き取りました




最期は寝ていることすら苦しそうでした

そんな容体でも 吐く際に汚さないようふらつきながらわざわざトイレに向かうほどカムイは賢い子でした

最期まで自分の足で立とうとし 気丈に気高く生き抜いた頑張り屋でした

もうダメかなと何回も思いましたが その度に頑張ってくれていましたが ついに力尽きてしまいました

カムイの困難に立ち向かい その生きる姿に心を動かされました

心の準備はしていましたが こんなにも早く居なくなってしまうとは思いませんでした

最期を見送ることが出来たのがせめてもの救いです

あちらで親兄弟や友達 そして恋人と楽しく自由に走り回ってくれることを祈っています

明日 荼毘に臥し ペット用の共同墓地へ埋葬する予定です

カムイとのご縁を繋いでくださり そしてカムイの命を繋いでくださり ありがとうございました




a0177105_13084678.jpg


返信のメールにカムイの写真を付けたいと思い 画像ファイルを見たら 思い出が次々に甦り胸がいっぱい



a0177105_16584712.jpg



たったの1年でしたが カムイと会えて 私は幸せでした

一緒に過ごした毎日が一生の宝物です



a0177105_16561179.jpg



こんな言葉に胸がいっぱい



a0177105_16552880.jpg

荼毘に臥すという20日 

正午過ぎに外へ出たら 肉球の形をした雲が目に飛び込んできました

周りは真っ白でモクモクした入道雲なのに その雲だけは黄色っぽい

「あら カムイ・・・」 そう思いました







これはTさんが送ってくれた8月20日の空
a0177105_16234365.jpeg
火葬のときには酷い雨の合間に青空が広がりました


そういえば カムイがうちに来た日もよく晴れた夏の日でした

カムイが「泣くなよ」と言っているのかもしれません






カムイ 8月19日 永眠



Tears In Heaven


















[PR]

by jiji-enishi | 2016-08-24 14:44 | 80 ・カムイ | Comments(17)
Commented by sumire at 2016-08-23 16:38 x
カムイちゃん。良く頑張ったね
家族になれて良かったね。幸せな時間を家族と共に過ごせてよかったね
どうぞ安らかに。
Commented by jiji-enishi at 2016-08-24 14:49
sumireさん
カムイ 頑張りました
パパの心に大事なものを遺して旅立ちました

編集中の記事を誤って公開していたようで ごめんなさい
お言葉ありがとうございました
Commented by ふぶき at 2016-08-28 21:14 x
ホントに久しぶりにのぞかせていただき、カムイの訃報を知りました。
動物の幸せは時間の長さとは関係ないと聞きました。
別れは人間には辛いけど、カムイは幸せそうな写真ばかり。幸せだったんだね。
カムイのお顔を見ると穏やかな気持ちになりました。カムイありがとう。
早く猫の怖い病気がなくなればいいのに。
Commented by だいふく at 2016-08-29 00:54 x
こんばんは。ジジさんのブログに出会ってから今まで、よくお邪魔させていただいていました。カムイくんのこと、とっても可愛い子だと思っていて、ショックです。
小さな体でつらいのを我慢して、本当にえらかったね。
家族の方の悲しみはとても深いものでしょう。
でもきっと、最期の瞬間まで愛情をたっぷりと受け、家族がそばにいてくれたカムイくんは、とても幸せだったのではないかと思います。
遺してくれたものや思い出を大切にして、一緒に生きた時間を愛おしみながら、家族の方も前向きに進める日がくることをお祈りしています。

カムイくん、安らかに。生まれてきてくれてありがとう。
Commented by jiji-enishi at 2016-09-02 16:46
ふぶきさん
生きた時間の長さと幸せとは関係がなく カムイは確かに幸せでした
縁あって保護され 縁あってTさんのところへ行きました
出会えてよかった

優しいお言葉ありがとうございました
Commented by jiji-enishi at 2016-09-02 17:02
だいふくさん
言葉は話せなくても その背中で大事な事を教えてくれる動物たち
気丈に気高く生き抜いた頑張り屋のカムイは ずっとTさんの心の中で生き続けると思います

優しいお言葉ありがとうございました
Commented by 姫丸 まいこ at 2016-09-05 19:40 x
久しぶりに訪問させていただいて
カムイくんの訃報をたったいま知りました。

Wキャリアの子を看取った経験があるので
その様子も重なって飼い主さまのお辛さをお察しします。
jijiさんもお辛かったでしょう。

健康で天寿を全う出来るということは
当たり前のことのようで
実は特別なことなのかもしれません。
今もキャリアの子や老齢の子と暮らしていますが
1日1日のありがたさを感じています。

カムイくんがご家族に見守られて
最後まで頑張ってくれたことを知って
勇気が出ました。
本当にお疲れさまでした。

Commented by ごんたん at 2016-09-07 12:25 x
とても綺麗な目をしたカムイくん、逝ってしまったのですね。。。
自分も含め、誰しもいつかは無くなる命ではありますが、やはり悲しみに慣れることはできません。どうか、あちらで元気でね。
Commented by jiji-enishi at 2016-09-14 16:09
姫丸 まいこさん
こうして生きていられるのは当たり前の事ではないと 亡くしてみて気付かされます
2年という短い生涯でしたが カムイは精一杯生き Tさんはそれを精一杯支えました
「出来る事はすべてやった」と言った彼に感謝の思いでいっぱいです

姫丸さんも保護活動と支援活動でお忙しい事と思いますが 頑張ってくださいね
くれぐれも身体を大事に・・・

温かいお言葉ありがとうございました
Commented by jiji-enishi at 2016-09-14 16:20
ごんたんさん
いつかは別れがくるとわかっていても 辛いですね
慣れることは出来なくて当然です
読んだことはないのですが「ねこたちのてんごく」という絵本があるそうで
カムイがそこで元気に飛び回っている姿を思い描いています
Commented by 鉄腕子 at 2016-09-20 09:28 x
ブックマーク画面で偶然手が触れたらしく、久々に開いたjijiさんのブログ。言葉を失いました。

当時保護していた「まらら」の里親会の時、カムイくん、マイペースで眠っていました。
カムイくんに会いに来て下さった里親様、「白血病キャリアでもいっしょに幸せを積み重ねたい」との言葉に 私も希望をいただきました。

カムイくん、短い猫生、駆け抜けてしまったけれど、とっても幸せだったと思います。

Commented by muk at 2016-09-23 06:21 x
何となく訪問してみたら・・・
生ある物には必ず訪れる事だけど、切ないですね。

我が家にも2年前から、HIVキャリアの子がいます。
土筆と杉菜の弟なんです。
今年に入ってから腎不全が悪化して毎日自宅で投薬と皮下輸液をしているけど、そのストレスで発症しないかと心配です。

父が亡くなった時、お寺のご住職が人間は生まれ変わるのに50年掛るけど、動物は5年で生まれ変わって戻ってくると言っていました。
カムイが生まれ変わったら今度はウィルスと無縁の生活がおくれます様に。

PS: たんぽぽは変わらず元気です。
   肝臓の数値は正常にはまだ遠いけど少しずつ下がってますよ。
Commented by jiji-enishi at 2016-09-24 18:24
鉄椀子さん
そうでしたね
里親会で カムイに会った事があるのでしたね
穏やかで愛らしい とても可愛い子でした

短い生涯となりましたが 愛情をたくさん受けて幸せな猫生でした
良い方に迎えてもらい 保護主として私も幸せです

ぽーらとバジルにも 良いご縁がありますように




Commented by jiji-enishi at 2016-09-24 19:07
たんぽぽママ
はい 覚悟して迎えて頂いたとはいえ 切ないです
初めての猫なのに 献身的な看病で よく頑張ってくれました

今年に入ってからずっと輸液とは たんぽぽママも 土筆ちゃん杉菜ちゃんの弟も頑張っていますね
(なんと命名したのか知りたい)

5年で生まれ変わるとは良いことを聞きました
人間が50年で生まれ変わることも知らなかった・・・

ぽぽたん 元気との事で安心しました
みんな良い人に迎えてもらったな~と 改めて感じています
Commented by syasaijyoshi at 2016-10-26 19:15
初めてコメントさせていただきます。
カムイくんが里親募集されていた頃にジジさんのブログに出会い、静かで穏やかな時間の流れを感じる不思議な里親募集のブログだなと思って更新を楽しみにしていました。
カムイくん、4歳で急死した私の飼い猫に瞳が似ていて、里親に名乗り出たいとずっと思いながらも、自分はカムイくんの里親には不適合だなと思い、カムイくんに素敵な里親さんが早く見つかりますようにと祈りながらも、里親さんが見つかったら、カムイくんは見れなくなっちゃうんだなと寂しさも感じながら見ていました。
カムイくん、素敵な里親さんに巡り会えて、最後まで見守ってもらえて、幸せだったね。よかったね。ジジさんの久しぶりの投稿を読ませてもらってそう思いました。
もう、カムイくんは見ることはないと思っていましたが、カムイくんの最後をちゃんと書いてくださったことに感謝しています。ジジさん、里親さん、カムイくんの命を繋いでくれてありがとうございました。
そうか、カムイくんもいなくなっちゃったんだな。うちの子と同じ所にいるんだろうか?どんな所なのかな。病気の心配のない、軽い体で好きなところへ行って、好きなところで寝そべって、ご機嫌に過ごしていてほしいなって思います。

ジジさんの静かで穏やかな文章と澄んだ写真が好きでした。
飼い猫を亡くしてなかなか立ち直れなかった時にこのブログを読んで、その間だけ、飼い猫と過ごした静かで穏やかな時間を取り戻したような気にさせてくれました。
ありがとうございました。時々、また読みに来させてくださいね。
Commented by jiji-enishi at 2016-11-03 19:25
syasaijyoshiさん
初めまして。コメント嬉しく拝見しました。
カムイの事、気にかけて下さってありがとうございます。

猫と過ごす時間は ゆったりとして心地良く 癒されますね。
日々の生活や仕事に追われ殺伐としている時
猫がぐーんと伸びをしたり ほわーっとあくびをする姿を見ると
「何をそうカリカリしているの~?」と言われているようで 力が抜けていくのがわかりました。

カムイの瞳と似ていたのですね。
吸い込まれそうに綺麗な瞳・・・。
カムイは2歳 syasaijyoshiさんの子は4歳での急死と生きた時間としては短いですが
大事にされ幸せに過ごしたのだから 時間の長さとは関係なく充実した一生だと思います。

カムイたちがいるのは天国ですので ご機嫌に過ごしていますね。
「そういう世界がある」と信じて生きていくのと
「そんな世界あるわけない」と思って生きるのとでは景色がまるで違ってくると思います。
「青い鳥」に書かれているように 思い出せばいつでも会えますよ。
Commented by みる at 2017-03-06 14:26 x
ブックマークの整理をしていた時、何気なく久しぶりにジジさんのブログを開きました。
カムイ君の訃報にショックで涙が止まりません…
里親募集中との記事を見かけて以来、何故かとても気になってカムイ君のことはこちらのサイトで見てきました。
カムイ君は短い猫生の中で素敵な人達と出会えて本当に幸せだったと思います。
ジジさん、里親さん、ありがとうございました。

明日は去年虹の橋を渡ったうちの猫の1周忌。
家族でお墓参りしてきます。

あたたかく優しい場所でどうか安らかに。
半年も前の記事に申し訳ありませんm(_ _)m


<< spiritual      愛と希望 >>