日々是猫日

jijienishi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 21日

縁起

3月22日 引っ越しを理由に 飼い主によってセンターに連れてこられた2匹

a0177105_1433385.jpg



募集掲載のタイトルにもブログにも

何度も 「飼い主持ち込み」 と書くのは どこかで見ているかもしれないと思うから

この子たちを捨てた誰かが このブログを読んでいるかもしれないから


そんなに急な引っ越しだったの?   ペット飼育可のアパートは借りられなかったの?

駅から遠い物件はどう?   築年数が経っている物件は?

手放さない努力はしたの?   新しい飼い主を探す努力はしたの?

持ち込みは殺処分と知っていながら  なんでそんなことが出来たの・・・

a0177105_15241.jpg


 
4月2日にセンターからchieさんが引き出してくれて 

私の事情で移動したのが4月20日

初対面でも撫でるとゴロゴロ言って 顔を近づけてくる甘えん坊

私は 「がんばろうね」 と だるまに声をかけた

a0177105_15212255.jpg



写真を撮って 掲載して ブログ更新して あとは待つ日々



それは5月14日の夜のこと   一通のメールが届いた

件名は 「だるま希望者さん」

思わず おおっ! と独り言

白血病キャリアの先住猫のお友達に  と だるまに白羽の矢が立った

そのご家族なら だるまの幸せは間違いない

でも 猫友達としてのだるまはどうだろう と考えた時

追いかけっこしたり 取っ組み合ったり 猫団子で一緒に眠ったりする姿がイメージできない

おはぎや円らと遊ばせることは出来ないから 私の想像ではあるけど 

ケージ越しの他猫に対する反応を見ただけで なんとなくわかるもの

たくさんの子を見てきた経験と 人への甘えぶりでもわかるもの

chieさんも同意見

a0177105_1544161.jpg



決まってほしい気持ちと だるまよりもっとふさわしい子がいるはず という思いのせめぎ合い

だるま希望者さんに 私の気持ちを正直に書いたメールを送信

chieさんとも 「先住猫ちゃんの事を一番に考えなきゃね」 という話しをした

16日 もう少し時間をかけて考えてみる旨のお返事を頂き 

翌17日 金曜日の朝のことである


ポケットの携帯のバイブレーターが鳴った    ねこ親希望アンケート

ほの&ぼのの掲載をお願いした翌日だったので

「やっぱり仔猫は早いね~」 なんて思いながら画面を送っていくと

そこに現れたのは 「だるま」 の名前

おおおっ!  このタイミングで この流れ?
 

・・・ということで   

優しいご夫婦に迎えて頂き 思い切り甘えられることになりました!

a0177105_16213135.jpg



名前は変わらず だるま

19日にchieさんのお届けで すでに新生活を始めています 

おめでとう!   だるま バンザーイ! 





おはぎも もうすぐ バンザイ

a0177105_17592542.jpg


 



円らは いつになるかねぇ・・・

a0177105_1801715.jpg






今日の午後撮った ほの&ぼの

体調を崩して心配しましたが もうすっかり元気!

a0177105_1821955.jpg



膝から ピョンっと飛びついたり 這い上がってくるので 私の首の周りは傷だらけ

可愛い盛りのほのぼのです












 
 


[PR]

by jiji-enishi | 2013-05-21 18:15 | 58 ・だるま


<< ルーツ      仔猫時代の真ん中は・・・ >>